4人はアイドル(HELP) 赤盤-The Red Album

You've Got To Hide Your Love Away (悲しみはぶっとばせ)ビートルズ歌詞・対訳・動画

ボブ・ディランの影響を受けた曲のひとつ

1965年8月6日に発売された5枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『4人はアイドル』のA面3曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。実質的にはジョン・レノンの作品とされる。ボブ・ディランの影響を受けた曲のひとつでもある。リード・ヴォーカルはジョン。1980年、ジョン・レノンは「これはぼくの-ディラン時代-の曲。ぼくはカメレオンだから、その時に流行っているものにならなんでも染まってしまう。エルビスにできることなら、ぼくにだってできる、エヴァリー・ブラザーズにできれば、ぼくとポールにもできる。ディランだって同じ事さ。」と語っている。

1965年公開の映画『ヘルプ!4人はアイドル』では、ジョンがアコースティック・ギターを抱えながら歌うシーンにこの曲が使われているが、この曲で使用していたギターはドイツ製のフラマス・フーテナニー12弦ギターで、ジョンはビートルズの中で唯一このギターを所有していた。ジョンの使用モデルは弦の一部が切れていたものだが、ジョンが気に入らない音だったため、意図的に切ったというのが真相である。

曲のエンディングに奏されるフルートは外部のミュージシャン、ジョニー・スコットによるものである。ビートルズが外部のミュージシャンを入れて行ったレコーディングは、1962年9月11日にセッション・ドラマーのアンディ・ホワイトを雇った「ラヴ・ミー・ドゥ」、「P.S.アイ・ラヴ・ユー」、「プリーズ・プリーズ・ミー」の3曲以来のこととなる。『4人はアイドル』を発表して以降、ビートルズは積極的に外部からミュージシャンを受け入れて録音していくようになる。

 

「悲しみはぶっとばせ」収録アルバム

『ヘルプ(四人はアイドル)』
『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』
『ラヴ・ソングス』
『ビートルズ バラード・ベスト20』
『リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス』
『リール・ミュージック』
『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』

「悲しみはぶっとばせ」歌詞

「悲しみはぶっとばせ」和訳

こうして僕は頭を抱えて立っているんだ
壁に顔を向けて
彼女に見捨てられたらやっていけない
体が2フィートも縮こまってしまいそうだ

人がいるところならどこへ行っても
一人一人が
毎日のように僕を笑ってからからかう
そしてこう言うのさ
「おいお前 恋の悩みは胸の中にしまっとけよ」
「おいお前 恋の悩みは胸の中にしまっとけよ」

どうして平気な顔でいられるだろう
そんなの無理だよ
たとえ あの人たちと僕の立場を置き換えたとしても

どうして彼女はあんなことを僕に言えるんだろう
「愛が解決してくれるわ」 なんて
道化師たち 集まりなよ
例のセリフを聞かせておくれ

「おいお前 恋の悩みは胸の中にしまっとけよ」
「おいお前 恋の悩みは胸の中にしまっとけよ」

Sponsored Links

Sponsored Links

-4人はアイドル(HELP), 赤盤-The Red Album
-