サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 青盤-The Blue Album

Lucy In The Sky With Diamonds (ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ)ビートルズ歌詞・和訳

ジョンが息子のジュリアンの絵からヒントを得て創作したという作品

1967年にリリースされた、イギリス盤公式オリジナル・アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の3曲目に配置されている楽曲。ジョンが息子のジュリアンの絵からヒントを得て創作したという作品。鮮やかな色彩で彩られたサウンドやそれに伴うプログレッシブな音処理はとても'67年の産物とは思えないほどの斬新さである。ジョージはインドの楽器タンブーラとジョンのヴォーカルをなぞるようなインド風ギターを弾いてサウンドに工夫を凝らした。

タイトルの名詞の頭文字をつなげると「LSD」(幻覚剤)となると指摘され、ラジオで一部放送禁止にもなったが、ジョン自身はテレビ番組で単なる偶然だと述べている。

2004年2月13日に、ハーバード大学の天文学者は白色矮星ケンタウルス座V886星の発見を発表した。ケンタウルス座V886星は炭素で構成され、最大で1034カラット (2×1030kg、太陽質量程度) が結晶化してダイヤモンドになっていると考えられた事から、彼らはその星を本曲に因んで「ルーシー」と名付けた。

 

「Lucy In The Sky With Diamonds」収録アルバム

『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』
『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』
『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』
『イエロー・サブマリン 〜ソングトラック〜』 - リミックス・バージョンを収録
『ラヴ』 - リミックス・バージョンを収録

 

「Lucy In The Sky With Diamonds」歌詞

 

 

「Lucy In The Sky With Diamonds」和訳

川に浮かんだ小舟に乗っているところを想像してごらん
そばにはタンジェリンの樹 そして空にはマーマレード
誰かが君を呼び 君はゆっくりと答える
万華鏡の眼をした少女だ

黄色や緑色のセロファンの花が
君の背丈よりも高く伸びている
瞳に太陽を宿したあの少女を探してごらん
もうあの子はいなくなってる

ルーシーはダイヤをつけて空の上
ルーシーはダイヤをつけて空の上
ルーシーはダイヤをつけて空の上

少女を追いかけて 泉のほとりの橋へ行ってごらん
木馬に乗った人々がマシュマロ・パイを食べている
花畑を通り過ぎていく君にみんなが微笑みかける
信じられないほど 高く伸びた花畑

新聞紙のタクシーが岸辺に現れる
君を連れ去ろうと待っている
夢見心地で後部座席に乗り込むと
もう君はいなくなってる

ルーシーはダイヤをつけて空の上
ルーシーはダイヤをつけて空の上
ルーシーはダイヤをつけて空の上

駅に止まった汽車に乗っているところを想像してごらん
鏡のネクタイをした粘土細工のポーターたちと一緒に
突然 回転式改札のところに姿をあらわす
万華鏡の眼をした少女だ

ルーシーはダイヤをつけて空の上
ルーシーはダイヤをつけて空の上
ルーシーはダイヤをつけて空の上

Sponsored Links

Sponsored Links

-サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド, 青盤-The Blue Album