John Lennon J-160E
ギブソン直系エピフォン製ジョン・レノンJ-160E!
マグネットPU搭載のギブソン直系アコギなら間違い無くコレ!

●ボディ:マホガニー
●トップ:スプルース単板
●ネック:マホガニー
●ネックジョイント:セットネック
●スケール:25.5インチ
●フィンガーボード:ローズウッド
●ピックアップ:P-100スタックドHB
●コントロール:1ボリューム、1トーン
ソフトケース付き

J-160E(じぇい・ひゃくろくじゅう・いー)は、ギブソンのアコースティックギターである。

同社のJ-45等と同形のラウンドショルダーと呼ばれるボディのサウンドホールのネック側にシングルコイルのピックアップP-90を取り付けており、後に登場したエレクトリックアコースティックギターとは違う考えで設計され、フルアコースティックギター(フルアコ)の構造となっている。(因みにギブソン社はJ-160Eより前にCF-100EというアコースティックギターにP-90を装備したモデルも発売していた。)

ボディトップにボリューム、トーンのノブを取り付けた外見となっている。

アコースティックとしてよりもエレクトリックギターとしての使用を重んじた設計がなされており、ハウリング防止の為、トップ材には合板を使用、ラダー・ブレイシング(力木)を採用している。その結果生音で鳴らした場合、通常のアコースティックギターより音量は小さくなるが、独特なトーンを得られている。

出力ジャックはボディサイドのリア側の斜め下に設置されている。

1950年代に生産が開始され、1960年代末にはダヴ等のようなスクエアショルダータイプのボディの物も登場した。


■使用アーティスト
ビートルズのジョン・レノンとジョージ・ハリスン
両名ともデビュー当初からステージでJ-160Eを使用している。ジョンはビートルズ解散後もJ-160Eを使用し、彼の使用したJ-160Eを再現したモデルも販売されている。エピフォンからは廉価モデルとしてJohn Lennon EJ-160Eというジョン・レノン・シグネイチャーモデルが発売されている。「アイ・フィール・ファイン」ではアンプに繋いでならしエレキギターのようなサウンドを出している。また、イントロではフィードバック効果を使い、さらにアコースティックギター特有の弦とフレットの間が狭いため、弦がフレットを連続して叩く運動を行うので「ビヨーン」というような音が出ている。

ほかには フランク・ザッパ、ピーター&ゴードン、斉藤和義、北川悠仁(ゆず)、SUGIZO 、スネオヘアー



◆ The Beatles楽器&楽譜特集はコチラからどうぞ ◆

<1


ポスター検索


ビートルズ書籍検索


グッズ検索


ビートルズ楽譜検索