ジョージ・ハリスン全仕事

(▲詳細は画像からどうぞ)

 ジョージ・ハリスン MBE (George Harrison,MBE,一部にハロルド-Haroldというミドルネームがあると記されているものがあるが、ジョージの出生証明書などにミドルネームは記載されていない,1943年2月24日 - 2001年11月29日 (出生届上は 25日)) は、イギリス・リヴァプール出身の、ロック・ミュージシャン(歌手・ギタリスト)、映画プロデューサー。
 ロック・バンド、ザ・ビートルズのメンバーの一人として1960年代に一世を風靡し、グループ解散後はソロ・アーティストとして「マイ・スウィート・ロード」「ギヴ・ミー・ラヴ」「二人はアイラヴユー」「過ぎ去りし日々」「セット・オン・ユー」などをヒットさせ、「最も長い間ヒットを飛ばし続けた男」としてギネスワールドレコーズ(旧称ギネスブック)に認定されるまでに至った。
 発表したアルバム枚数はそう多くないものの、常にチャートでは上位に食い込み、たびたび大ヒットを飛ばした。中でも1970年に発表された『オール・シングス・マスト・パス』は、ロック・アルバムの金字塔として高く評価されている。
 ジョージ・ハリソンは1969年のデラニー&ニーのライブツアーに参加したことをきっかけにスライドギターを習得したと言われ、名手としての地位を確立した。そして「フリー・アズ・ア・バード」、「リアル・ラヴ」などの曲中で演奏した。
 2001年に肺癌と脳腫瘍のため逝去。1988年にビートルズのメンバーとして、2004年に個人としてロックの殿堂入りしている。現在「Sir」の称号を故人としてはじめて授与されるかが議論されている。

My sweet lord(マイ・スウィート・ロード)

This Song(ジス・ソング)


ダーニ・ハリスン (Dhani Harrison 1978年8月1日)
1960年代に一世を風靡したザ・ビートルズのジョージ・ハリスンの息子。
容姿と歌声が父親の若い時に似ている。愛称ダニー。

1978年に元ビートルズのジョージ・ハリスンとメキシコ系アメリカ人女性オリヴィア・トリニアード・アリアス(後のオリヴィア・ハリスン)が結婚し、同年に長男として誕生。

2001年11月29日、癌によるジョージの死後、制作途中の最後のアルバム『ブレインウォッシュド』をプロデューサーのジェフ・リンと協力して編集しなおし完成させた。

一周忌にあたる2002年11月29日にジョージの追悼ライブイベント「コンサート・フォー・ジョージ」を開催し、元ビートルズのポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジョージの親友、エリック・クラプトン等、多数の出演者が集まる。

2006年4月に2人組ユニットthenewno2を結成し、活動を始める。Oliver Hecksと組んでいる。代表曲に「Choose What You're Watching」等。


2007年12月に発売されたウータン・クランの5枚目のアルバム「8 DIAGRAMS」収録の「The Heart Gently Weeps」にエリカ・バドゥ、ジョン・フルシアンテ(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)と共に客演。世界初のビートルズの公式カバー曲として話題になる。

<1|23Next≫


ポスター検索


ビートルズ書籍検索


グッズ検索


ビートルズ楽譜検索