心のラヴ・ソング (Silly Love Songs) は、1976年にポール・マッカートニー(Paul McCartney )率いるウイングス(Wings)が発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。

アルバムでは『スピード・オブ・サウンド』収録。またベストアルバムでは『グレイテスト・ヒッツ』『オール・ザ・ベスト』『夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜』に収録されている。また『ウィングス・オーヴァー・アメリカ』にライヴ版が、『ヤァ!ブロード・ストリート』に別テイクが入る。シングルカットは1976年4月。

評論家のリチャード・ゴールドシュタインに「ポールはバラードしか書けない」と批評された事に対し、ポールが「馬鹿げたラヴ・ソングの何が悪い?」と切り返した曲とされる。また一説では、ビートルズ解散後確執の続いていたジョン・レノンの「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ?」(1971年)への反論とも言われるが、両曲の発表年は5年も開いており、また「ハウ・ドゥ・ユー・スリープ?」を受けた直後にポールも「サム・ピープル・ネヴァー・ノウ」でやり返していることなどから、信憑性は低い。

イギリスでチャート2位*を記録した。アメリカのビルボード(Billboard)誌では、1976年5月22日に1位の座に着くものの翌週から2週にわたりダイアナ・ロスのラブ・ハングオーバーにその座を獲られた後返り咲き4週連続第1位計5週、週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1976年年間ランキングは第1位。

独特のイントロは、ピンク・フロイドの「マネー」のテープループに触発されたという。

ところでこのイントロは、日本の幼児番組『ひらけ!ポンキッキ』で頻繁に効果音として用いられていた(懐かしいw)

スピード・オブ・サウンド
スピード・オブ・サウンド
ウイングス カントリー・ハムズ

関連商品
Mccartney II All Things Must Pass (30th Ann) (Dig) Mccartney Band on the Run タッグ・オブ・ウォー
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
曲名リスト
1. 幸せのノック
2. ザ・ノート・ユー・ネヴァー・ロウト
3. 僕のベイビー
4. 愛の証し
5. ワイノ・ジュンコ
6. 心のラヴ・ソング
7. クック・オブ・ザ・ハウス
8. やすらぎの時
9. マスト・ドゥ・サムシング
10. サン・フェリー・アン
11. やさしい気持
12. ウォーキング・イン・ザ・パーク・ウィズ・エロイズ
13. ブリッジ・オーヴァー・ザ・リヴァー・スイート
14. サリー・G

ヴィーナス・アンド・マース/ロック・ショー(VENUS AND MARS/ROCK SHOW)は、1975年にポール・マッカートニー&ウイングス(Paul McCartney & Wings)が発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。ヴィーナス・アンド・マースに収録されている2曲の短縮版であり、ベスト・アルバム『夢の翼〜ヒッツ&ヒストリー〜』にも収録されている。

曲はポール一人によるギター弾き語りの「ヴィーナス・アンド・マース」に始まり、派手な展開を見せる「ロック・ショー」へとメドレーで続いている。「ロック・ショー」の歌詞の中にはジミー・ペイジも登場する。


<1|234Next≫


ポスター検索


ビートルズ書籍検索


グッズ検索


ビートルズ楽譜検索