sankaku-001-g.gif作詞・作曲      メレディス・ウィルソン
sankaku-001-g.gifリード・ヴォーカル  ポール・マッカートニー


sankaku-001-g.gifブロードウェイミュージカル作曲家のメレディス・ウィルソンが書いた曲。ビートルズの音楽を騒音として評価しなかった人の中にはこの曲を聴いてビートルズを見直した人も多かった。

sankaku-001-g.gif歌詞はコチラ


                丘の上には鐘があったけれど
                鐘の音は気にもとめなかった
                全く気にもとめなかった
                君が僕の前にあらわれるまでは
            
sankaku-001-g.gif対訳はコチラがおすすめ  ビートルズ全詩集

1961年にペギー・リーがカヴァーしたものを参考にし、1963年にビートルズがカヴァー。セカンドアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』のA面6曲目に収録された。ボーカルはポール・マッカートニーが担当。ポールの甘い歌声を上手く生かしたバラードナンバーである。

アコースティック・ギターは、ジョージ・ハリスンが担当しているが、オリジナル版のコピー演奏。

この曲は彼らが古くからレパートリーに加えていた。デビュー前にドイツのハンブルク巡業時代からクラブで演奏していた。

なお、イギリス王室主催の「ロイヤル・ミュージック・パフォーマンス」において演奏された4曲のひとつであり、ポールがこの曲を紹介する際のMCで「次の曲は僕らの大好きなアメリカのグループ、ソフィー・タッカーの曲です」というギャグを飛ばし、爆笑を誘った曲としても有名である。ちなみに、ソフィー・タッカーとはボードヴィルの女王と呼ばれたジャズ界の大御所歌手で、女優・歌手のジュディ・ガーランドに歌を教えた人物としても知られる。個人の名前であり、もちろんグループ名ではないので、そこがジョークになっている。


ウィズ・ザ・ビートルズ

(▲詳細は画像からどうぞ)

 1. It Won't Be Long (イット・ウォント・ビー・ロング)
 2. All I've Got To Do (オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ)
 3. All My Loving (オール・マイ・ラヴィング)
 4. Don't Bother Me (ドント・バザー・ミー)
 5. Little Child (リトル・チャイルド)
 6. Till There Was You (ティル・ゼア・ウォズ・ユー)
 7. Please Mister Postman (プリーズ・ミスター・ポストマン)
 8. Roll Over Beethoven (ロール・オーバー・ベートーヴェン)
 9. Hold Me Tight (ホールド・ミー・タイト)
10. You Really Got A Hold On Me (ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー)
11. I Wanna Be Your Man (アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン)
12. Devil In Her Heart (デヴィル・イン・ハー・ハート)
13. Not A Second Time (ナット・ア・セカンド・タイム)
14. Money (マネー)


sankaku-001-g.gif作詞・作曲      ブライアン・ホーランド=ロバート・ベイトマン
sankaku-001-g.gifリード・ヴォーカル  ジョン・レノン


sankaku-001-g.gifマーヴェレッツが'61年に放ったビッグヒット曲のカバー。ジョンはダブルトラックでなかなか届かない恋人の手紙を待つやるせない気持ちを見事に歌い上げている。

sankaku-001-g.gif歌詞はコチラ


                郵便屋さん よく見てよ
                僕宛ての手紙はないのかい?
                首を長くして待っていたのに
                あの娘の噂をきいてからずっと
            
sankaku-001-g.gif対訳はコチラがおすすめ  ビートルズ全詩集

「プリーズ・ミスター・ポストマン」(Please Mr. Postman) は、アメリカのモータウン所属のグループ・マーヴェレッツ(The Marvelettes)による1961年の楽曲である。

ビルボード誌では、1961年12月11日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1961年年間ランキングは第19位。ダイアナ・ロス率いるシュープリームスや、ジャクソン5、テンプテーションズ、スティーヴィー・ワンダーなどのビッグスターを有することになるモータウン・レコードで、最初のビルボード誌シングル・チャート全米ナンバーワン曲となった。マーヴェレッツにとってはデビュー曲での快挙だった。

ビートルズ(The Beatles)は、当時EMIがモータウンの英国内販売権を獲得したことへのプロモーションを兼ねて1963年の2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』の7曲目に収録したが、この曲を歌う際、マーヴェレッツが女性コーラスグループだったため、歌詞の内容は男の子への恋心を歌ったものであったので、女の子に向けて歌う歌詞に変更して歌っていた。

ビートルズ・バージョンは明るくアップテンポに仕上がっている。メインボーカルはジョン・レノンが担当しているが、ポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンを交えた三人でのコーラスワークは、まさに彼らが愛して止まなかった黒人コーラスグループからの影響を感じさせるものであり、ただのロックンロール好きのバンドではなく、彼らが幅広い音楽性を持つバンドであることを証明した曲とも言える。

ビートルズのバージョンは英米ではシングルカットされなかったためチャートに登場することはなかった。日本ではシングルカットされたためか、マーヴェレッツのオリジナルよりも一部では知られている。また矢沢永吉は中学生の頃、この曲を聴いてビートルズ狂になったと後年告白している。

なお、この曲にはジョン・レノンがデビュー前のドイツ巡業時代、リヴァプールで彼の帰りを待つ恋人(当時、後の妻)のシンシア・パウエル(Cynthia Powell)宛のラブレターの表に「郵便屋さん早くシンの元に届けてよ」と、この曲の歌詞をもじって書いていたという微笑ましいエピソードがある。

ウィズ・ザ・ビートルズ

(▲詳細は画像からどうぞ)

 1. It Won't Be Long (イット・ウォント・ビー・ロング)
 2. All I've Got To Do (オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ)
 3. All My Loving (オール・マイ・ラヴィング)
 4. Don't Bother Me (ドント・バザー・ミー)
 5. Little Child (リトル・チャイルド)
 6. Till There Was You (ティル・ゼア・ウォズ・ユー)
 7. Please Mister Postman (プリーズ・ミスター・ポストマン)
 8. Roll Over Beethoven (ロール・オーバー・ベートーヴェン)
 9. Hold Me Tight (ホールド・ミー・タイト)
10. You Really Got A Hold On Me (ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー)
11. I Wanna Be Your Man (アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン)
12. Devil In Her Heart (デヴィル・イン・ハー・ハート)
13. Not A Second Time (ナット・ア・セカンド・タイム)
14. Money (マネー)


≪Back<123|4|5678Next≫


ポスター検索


ビートルズ書籍検索


グッズ検索


ビートルズ楽譜検索