sankaku-001-g.gif作詞・作曲      ジョン・レノン&ポール・マッカートニー
sankaku-001-g.gifリード・ヴォーカル  ジョン・レノン

sankaku-001-g.gif躍動的なジョンによるロックン&ロールナンバー。かなり黒っぽい雰囲気でまとめられた曲。

sankaku-001-g.gif歌詞・対訳はコチラ


                もし あいつに声をかけたら 
                僕は君を冷たく突き放す
                だって前にもいったはずだよ
                あいつと口をきいちゃいけないって
   

            
sankaku-001-g.gif対訳はコチラがおすすめ  ビートルズ全詩集


レノン=マッカートニーの作品。実質的にはジョン・レノンの作った楽曲である。リード・ヴォーカルはジョン。ポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンがコーラスを担当している。中間部のギターソロはジョージでなくジョン。イントロはジョージの弾くリッケンバッカー・360/12(セミアコ12弦ギター)によるもの。マイナーとメジャーの組み合わさった不思議な印象をもつリフがフィーチャーされている。

1964年7月発表のビートルズのイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』にも収録された。

当初は映画の中で使われる予定だった曲で、実際にステージでの演奏シーン(口パク)も撮影したが最終的にカットされた。

ジョンはこの曲について「当然、シングルのA面を取れるものと思っていた。しかし結局はB面になった。理由はポールの作ってきた「キャント・バイ・ミー・ラヴ」がそれ以上によかったからさ」と発言しており、ジョンにとってこの曲が相当な自信作であったことと、当時ポールとの間で激しいシングルA面争いが行われていたことがわかる。

ビートルズが一回目のワールドツアーを行なっている最中、病気治療のためにリンゴ・スターが参加していなかった時期があった。ビートルズがオーストラリアに到着したとき、病気が完治したリンゴもここで合流することになった。その際の同国メルボルンコンサートでこの楽曲が歌われている。

A Hard Day's Night - ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!

(▲詳細は画像からどうぞ)

1. A Hard Day's Night (ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! )
2. I Should Have Known Better (恋する二人 )
3. If I Fell (恋におちたら )
4. I'm Happy Just To Dance With You (すてきなダンス)
5. And I Love Her (アンド・アイ・ラヴ・ハー )
6. Tell Me Why (テル・ミー・ホワイ )
7. Can't Buy Me Love (キャント・バイ・ミー・ラヴ )
8. Any Time At All (エニイ・タイム・アット・オール )
9. I'll Cry Instead (ぼくが泣く)
10. Things We Said Today (今日の誓い )
11. When I Get Home (家に帰れば )
12. You Can't Do That (ユー・キャント・ドゥ・ザット )
13. I'll Be Back (アイル・ビー・バック)

映画のDVDはコチラ

ハード・デイズ・ナイト

珍しいメイキング

メイキング・オブ・ア・ハード・デイズ・ナイト

フィル・コリンズのエキストラ出演によるアビイロード・スタジオでの制作風景や撮影の裏話、
オリジナル劇場予告編など内容満載のビートルズ映像作品集。

↑ The Beatles Anthology 1 バージョン


sankaku-001-g.gif作詞・作曲      ジョン・レノン&ポール・マッカートニー
sankaku-001-g.gifリード・ヴォーカル  ジョン・レノン

sankaku-001-g.gif地味ながら美しいメロディーラインをもった曲。ジョンはミドルの部分が気に入らなかったらしい。

sankaku-001-g.gif歌詞・対訳はコチラ


                僕を悲しませたら 行ってしまうよ 
                でも また戻ってくるよ
                だって 前にもさよならを言ったけど
                戻ってきちゃったからね
   

            
sankaku-001-g.gif対訳はコチラがおすすめ  ビートルズ全詩集


本作は1964年に発表されたイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』の終曲である。

ボーカルはジョンがとり、バックをポール。作詞作曲はジョン(クレジットはレノン=マッカートニー)と言われてきたが、ポールは自伝「メニー・イヤーズ・フロム・ナウ」の中で共作であると主張している。ジョンとジョージは、アコースティックギターを弾いている。

歌詞の内容などを一見すると、恋人に当てた曲のようだが、本当は、1964年に長らく行方不明だった父アルフレッドと再会したことをきっかけにして、父親のことを書いた曲である。

マイナーコードとメジャーコードが混在するこの曲の構成を、デル・シャノンの曲『悲しき街角』から自分流に手を加えたと、後年ジョン・レノンは語っている。

創作当初は3拍子だったがすぐに現在の4拍子に変更された。このときのテイクがザ・ビートルズ・アンソロジー1Disk3に収録されている。


A Hard Day's Night - ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!

(▲詳細は画像からどうぞ)

1. A Hard Day's Night (ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! )
2. I Should Have Known Better (恋する二人 )
3. If I Fell (恋におちたら )
4. I'm Happy Just To Dance With You (すてきなダンス)
5. And I Love Her (アンド・アイ・ラヴ・ハー )
6. Tell Me Why (テル・ミー・ホワイ )
7. Can't Buy Me Love (キャント・バイ・ミー・ラヴ )
8. Any Time At All (エニイ・タイム・アット・オール )
9. I'll Cry Instead (ぼくが泣く)
10. Things We Said Today (今日の誓い )
11. When I Get Home (家に帰れば )
12. You Can't Do That (ユー・キャント・ドゥ・ザット )
13. I'll Be Back (アイル・ビー・バック)

映画のDVDはコチラ

ハード・デイズ・ナイト

珍しいメイキング

メイキング・オブ・ア・ハード・デイズ・ナイト

フィル・コリンズのエキストラ出演によるアビイロード・スタジオでの制作風景や撮影の裏話、
オリジナル劇場予告編など内容満載のビートルズ映像作品集。

≪Back<123456|7


ポスター検索


ビートルズ書籍検索


グッズ検索


ビートルズ楽譜検索