sankaku-001-g.gif作詞・作曲      ジョン・レノン&ポール・マッカートニー
sankaku-001-g.gifリード・ヴォーカル  ジョン・レノン


sankaku-001-g.gifビートルズ初主演映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」の挿入歌。イントロなしで始まるジョンのダイナミックなヴォーカルが際立つ。

sankaku-001-g.gif歌詞・対訳はコチラ


                いつでもいいよ
                いつでもね
                電話さえしてくれれば
                僕は君のもとにいくよ

            
sankaku-001-g.gif対訳はコチラがおすすめ  ビートルズ全詩集


本作は1964年に発表されたイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』のB面1曲目に収録された楽曲である。作者のクレジットは「レノン=マッカートニー」であるがジョン・レノンの作品と考えられる。

冒頭の「バン!」というドラム音はリンゴ・スターによる、スネアドラムとバスドラムを同時に叩いて出した音である。続くタイトルコールの最初の部分はジョン・レノンで、すぐに続く2回目はポール・マッカートニーが歌っている。

ジョンいわく、セカンドアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』A面1曲目の「イット・ウォント・ビー・ロング」に感化して作ったと後年語っている。

レコーディングに入った時点では未完成であり、ミドルエイトが完成していなかったため、レコーディング中に作った。

A Hard Day's Night - ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!

(▲詳細は画像からどうぞ)

1. A Hard Day's Night (ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! )
2. I Should Have Known Better (恋する二人 )
3. If I Fell (恋におちたら )
4. I'm Happy Just To Dance With You (すてきなダンス)
5. And I Love Her (アンド・アイ・ラヴ・ハー )
6. Tell Me Why (テル・ミー・ホワイ )
7. Can't Buy Me Love (キャント・バイ・ミー・ラヴ )
8. Any Time At All (エニイ・タイム・アット・オール )
9. I'll Cry Instead (ぼくが泣く)
10. Things We Said Today (今日の誓い )
11. When I Get Home (家に帰れば )
12. You Can't Do That (ユー・キャント・ドゥ・ザット )
13. I'll Be Back (アイル・ビー・バック)

映画のDVDはコチラ

ハード・デイズ・ナイト

珍しいメイキング

メイキング・オブ・ア・ハード・デイズ・ナイト

フィル・コリンズのエキストラ出演によるアビイロード・スタジオでの制作風景や撮影の裏話、
オリジナル劇場予告編など内容満載のビートルズ映像作品集。

sankaku-001-g.gif作詞・作曲      ジョン・レノン&ポール・マッカートニー
sankaku-001-g.gifリード・ヴォーカル  ジョン・レノン


sankaku-001-g.gifビートルズ初主演映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」の挿入歌に予定されていたが監督リチャード・レスターの反対にあい急遽取り下げられたいわくつきの曲。


sankaku-001-g.gif歌詞・対訳はコチラ


                僕が狂うのも当たり前
                だって たった一人の恋人を失ったんだ
                できることなら 今すぐにでも閉じこもりたい
                でもそれが出来ないから だから僕は泣くんだよ

            
sankaku-001-g.gif対訳はコチラがおすすめ  ビートルズ全詩集

本作は1964年発表のアルバム『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』に収録されている楽曲。

作詞作曲・リードヴォーカルはジョン・レノン。トリッキーなギターのリフが印象的なナンバーである。ジョンはこの曲がアルバムの中で一番のお気に入りであることを明言しており、映画に使われなかったことをとても残念がっていた。

この曲は映画の本編では使われなかったが、後日付け足された予告編で使用されている。なお映画および米盤サウンドトラック(のちにキャピトルから発売された『サムシング・ニュー』のモノラル盤も含む)では最後にBメロおよびAメロが繰り返されている。

『ビルボード』誌では最高位25位、『キャッシュボックス』誌では最高22位を記録している。アメリカでは50万枚以上のセールスを記録している。

「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%8C%E6%B3%A3%E3%81%8F」より作成

A Hard Day's Night - ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!

(▲詳細は画像からどうぞ)

1. A Hard Day's Night (ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! )
2. I Should Have Known Better (恋する二人 )
3. If I Fell (恋におちたら )
4. I'm Happy Just To Dance With You (すてきなダンス)
5. And I Love Her (アンド・アイ・ラヴ・ハー )
6. Tell Me Why (テル・ミー・ホワイ )
7. Can't Buy Me Love (キャント・バイ・ミー・ラヴ )
8. Any Time At All (エニイ・タイム・アット・オール )
9. I'll Cry Instead (ぼくが泣く)
10. Things We Said Today (今日の誓い )
11. When I Get Home (家に帰れば )
12. You Can't Do That (ユー・キャント・ドゥ・ザット )
13. I'll Be Back (アイル・ビー・バック)

映画のDVDはコチラ

ハード・デイズ・ナイト

珍しいメイキング

メイキング・オブ・ア・ハード・デイズ・ナイト

フィル・コリンズのエキストラ出演によるアビイロード・スタジオでの制作風景や撮影の裏話、
オリジナル劇場予告編など内容満載のビートルズ映像作品集。

≪Back<1234|5|67Next≫


ポスター検索


ビートルズ書籍検索


グッズ検索


ビートルズ楽譜検索