sankaku-001-g.gif作詞・作曲      ジョン・レノン&ポール・マッカートニー
sankaku-001-g.gifリード・ヴォーカル  ジョン・レノン

sankaku-001-g.gifビートルズ初主演映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」の挿入歌。'64年に日本で公開された当時、挿入歌の中で最も人気があった曲。

sankaku-001-g.gif歌詞・対訳はコチラ


                愛してるよって言うと
                君もあいしてると答えてくれる
                僕のものになってほしいと言うと
                君もあいしてると答えてくれる 
            
sankaku-001-g.gif対訳はコチラがおすすめ  ビートルズ全詩集

本作は1964年に発表されたビートルズのイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』、A面2曲目の収録曲である。レノン=マッカートニーの作。実質的にはジョン・レノンの作品である。フォークロック調の楽曲でハーモニカがフィーチュアされている。ヴォーカルはジョンのダブルトラックで、サビの部分のファルセットもこの曲の魅力のひとつである。

映画『ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』では、列車で移動中の貨物置場の檻の中で歌われ、ラストのコンサートシーンでも再び歌われる。ジョージの12弦ギターとジョンのアコースティックギターのコンビネーションが聴きどころである。またジョージの間奏を弾くシーンでの内股ステップは印象的。

なおこの曲はアメリカ盤シングル「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」のB面曲としてシングルカットされた。アメリカでは、ビルボード誌最高位53位、キャッシュボックス誌最高位43位を記録している。英国オリジナルの同シングルB面は「今日の誓い」であり、オリジナル・シングルのカップリング変更は異例の措置である。また、1976年にはイギリスで「イエスタデイ」のB面曲としてシングルカットされている。尚、1964年、ザ・ナチュラルズのカヴァー・ヴァージョンがシングル・リリースされ、全英最高位30位を記録している。

A Hard Day's Night - ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!


(▲詳細は画像からどうぞ)

1. A Hard Day's Night (ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! )
2. I Should Have Known Better (恋する二人 )
3. If I Fell (恋におちたら )
4. I'm Happy Just To Dance With You (すてきなダンス)
5. And I Love Her (アンド・アイ・ラヴ・ハー )
6. Tell Me Why (テル・ミー・ホワイ )
7. Can't Buy Me Love (キャント・バイ・ミー・ラヴ )
8. Any Time At All (エニイ・タイム・アット・オール )
9. I'll Cry Instead (ぼくが泣く)
10. Things We Said Today (今日の誓い )
11. When I Get Home (家に帰れば )
12. You Can't Do That (ユー・キャント・ドゥ・ザット )
13. I'll Be Back (アイル・ビー・バック)

映画のDVDはコチラ

ハード・デイズ・ナイト

珍しいメイキング

メイキング・オブ・ア・ハード・デイズ・ナイト

フィル・コリンズのエキストラ出演によるアビイロード・スタジオでの制作風景や撮影の裏話、
オリジナル劇場予告編など内容満載のビートルズ映像作品集。


sankaku-001-g.gif作詞・作曲      ジョン・レノン&ポール・マッカートニー
sankaku-001-g.gifリード・ヴォーカル  ジョン・レノン

sankaku-001-g.gifビートルズ初主演映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」の挿入歌。ビートルズの曲には珍しく女性の立場にたって歌っている。ジョンとポールのハーモニーが美しい。

sankaku-001-g.gif歌詞・対訳はコチラ


                もしあなたを愛したら
                彼女みたいに私を傷つけないでね
                だって私はその苦しみに耐えられそうにないもの
                この新しい恋が実らず また悲しい思いをするなんて 
            
sankaku-001-g.gif対訳はコチラがおすすめ  ビートルズ全詩集


1964年に発表された作品である。ビートルズの3枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (A Hard Day's Night)』のA面3曲目に収録された。曲は主にジョンによるもので、ポールの手伝いで完成したと言われている。ジョン・レノンはプレイボーイ誌のインタビューで「当時の妻以外の女性との半自伝的な曲」とこの曲について語っている。アメリカでは「アンド・アイ・ラヴ・ハー」のB面としてもリリースされ『ビルボード』誌で最高53位、『キャッシュボックス』誌では64位を記録している。

ジョン・レノンのヴォーカルとギブソンアコースティックギターのコードストロークで始まり、変調を3回(数え方によっては4回)行って、ジョンとポール・マッカートニーの二人のコーラスにつながっていくところが聞かせどころである。例えばハーモニーは6度の和音で始まり、2小節目ですぐに3度になる。その後5度からユニゾンになり、更に6度の和音に戻るなどの変遷があり、サビではさらに複雑なものとなっている。コーラス部分でも転調を行っている。 曲構成のうえでは、イントロなしでいきなりジョンのボーカルから曲が始まる点と、この出だしの部分のフレーズが曲中でリピートされず、1回きりしか登場しない点が特色である。

映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (A Hard Day's Night)』の中でもリハーサルシーンとラストのコンサートシーンで歌われている。ライブコンサートでも1964年のハリウッド・ボウル等で演奏されている。

ステレオ・ヴァージョンは、イントロのジョンのヴォーカルがダブル・トラックである。またサビの部分(Was in vain)でポールが高音を出し切れず、苦笑していたが、修正されることなくそのまま発売された。


A Hard Day's Night - ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!


(▲詳細は画像からどうぞ)

1. A Hard Day's Night (ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! )
2. I Should Have Known Better (恋する二人 )
3. If I Fell (恋におちたら )
4. I'm Happy Just To Dance With You (すてきなダンス)
5. And I Love Her (アンド・アイ・ラヴ・ハー )
6. Tell Me Why (テル・ミー・ホワイ )
7. Can't Buy Me Love (キャント・バイ・ミー・ラヴ )
8. Any Time At All (エニイ・タイム・アット・オール )
9. I'll Cry Instead (ぼくが泣く)
10. Things We Said Today (今日の誓い )
11. When I Get Home (家に帰れば )
12. You Can't Do That (ユー・キャント・ドゥ・ザット )
13. I'll Be Back (アイル・ビー・バック)

映画のDVDはコチラ

ハード・デイズ・ナイト

珍しいメイキング

メイキング・オブ・ア・ハード・デイズ・ナイト

フィル・コリンズのエキストラ出演によるアビイロード・スタジオでの制作風景や撮影の裏話、
オリジナル劇場予告編など内容満載のビートルズ映像作品集。


≪Back<1|2|34567Next≫


ポスター検索


ビートルズ書籍検索


グッズ検索


ビートルズ楽譜検索