Ticket To Ride (涙の乗車券 )ビートルズ歌詞・対訳・動画・試聴


sankaku-001-g.gif作詞・作曲      ジョン・レノン&ポール・マッカートニー
sankaku-001-g.gifリード・ヴォーカル  ジョン・レノン

sankaku-001-g.gif映画「4人はアイドル」の挿入歌。ソリッドなギターをフィーチャーしたタイトでヘビーな作風を打ち出しサウンド自体、一段とパワーアップした。


sankaku-001-g.gif歌詞・対訳はコチラ


                僕と一緒にいるのは苦痛だと
                僕がいると息がつまると彼女はいう
                彼女はいってしまう
                僕の心を気にもかけずに                
  
            
sankaku-001-g.gif対訳はコチラがおすすめ  ビートルズ全詩集


レノン=マッカートニーの作品。実質的にはレノンの作った楽曲である。リード・ヴォーカルはジョン・レノン。サビの個所はポール・マッカートニーとのツイン・リードヴォーカル構成になっている。リードギターはポール・マッカートニーで、リードヴォーカルの上のラインでのハーモニーボーカルも担当している。ただしイントロからのギターリフはジョージ・ハリスンの12弦ギターによるものである。2拍3連符を含むユニークなドラムパターンはポール・マッカートニーのアイデアと云われている。当時としては、ドラム、ギターのイントロとともに、ヘヴィーなナンバーであった。ジョン・レノン曰く、「元祖ヘヴィメタル」。

「涙の乗車券」は1965年4月にシングル盤としてリリースされた後、同年8月にリリースされたアルバム『4人はアイドル』にも収録された。

曲のタイトルはイギリス・ワイト島にライド(Ryde)というフェリー港があり、"Ticket to Ride"はそのフェリー港までの切符"Ticket to Ryde"にかけた洒落である。

カーペンターズは、この曲のカヴァー・ヴァージョンをメジャー・デビュー・シングルとして発表した。ビートルズのオリジナルに比べると大幅にテンポを遅くしており、カレン・カーペンターがドラムスを叩きながらバラード風に歌っていた。歌詞は女性目線となりGirlがBoyにSheがHeに変更されている他、"She's got a ticket to ride but she don't care" が "He's got a ticket to ride and he don't care" に変更されている。





HELP! - 4人はアイドル

(▲詳細は画像からどうぞ)

1. Help! ( ヘルプ)
2. The Night Before(ザ・ナイト・ビフォア )
3. You've Got To Hide Your Love Away (悲しみはぶっとばせ)
4. I Need You (アイ・ニード・ユー )
5. Another Girl(アナザー・ガール )
6. You're Gonna Lose That Girl (恋のアドバイス )
7. Ticket To Ride (涙の乗車券 )
8. Act Naturally(アクト・ナチュラリー)
9. It's Only Love(イッツ・オンリー・ラヴ)
10. You Like Me Too Much (ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ)
11. Tell Me What You See(テル・ミー・ホワット・ユー・シー )
12. I've Just Seen a Face (夢の人 )
13. Yesterday (イエスタデイ )
14. Dizzy Miss Lizzie (ディジー・ミス・リジー)


ポスター検索


ビートルズ書籍検索


グッズ検索


ビートルズ楽譜検索