It Won't Be Long (イット・ウォント・ビー・ロング)ビートルズ歌詞・対訳・動画・試聴

sankaku-001-g.gif作詞・作曲      ジョン・レノン&ポール・マッカートニー

sankaku-001-g.gifリード・ヴォーカル  ジョン・レノン

sankaku-001-g.gifリード・ヴォーカルとバック・コーラスの掛け合いが絶妙なリズム・ナンバー。エンディングにはシンフォニーで使う手法を取り入れている。

sankaku-001-g.gif歌詞・対訳はコチラ


                夜ごと涙を流し 
                毎晩泣きぬれるこの僕さ
                たいした時間はいらないさ 
                僕が君の恋人になれるまで 


sankaku-001-g.gif対訳はコチラがおすすめ  ビートルズ全詩集

本作は1963年に発表されたビートルズの第2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』の1曲目に収録されているオリジナル曲である。

作曲者はジョン・レノンで、アルバムの1曲目を飾るにふさわしいドライヴ感あふれるナンバーに仕上がっている。 ジョン曰く、もともとはシングル用に作ったものを、「失敗するかも」という理由でアルバムに回されたという。

また初期のビートルズの楽曲には欠かせない"Yeah! Yeah!"というコーラスとの掛け合いが美しい曲である。ちなみにこのコーラスはジョージ・ハリスンとポール・マッカートニーによるものであり、ジョージがコーラスを歌い損ねている箇所がある。

ジョンの長男ジュリアン・レノンが、1980年代にこの曲をコンサートで歌っていたこともあった。 ニール・ヤングが人前ではじめて歌った曲でもある。


ウィズ・ザ・ビートルズ

(▲詳細は画像からどうぞ)

 1. It Won't Be Long (イット・ウォント・ビー・ロング)
 2. All I've Got To Do (オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ)
 3. All My Loving (オール・マイ・ラヴィング)
 4. Don't Bother Me (ドント・バザー・ミー)
 5. Little Child (リトル・チャイルド)
 6. Till There Was You (ティル・ゼア・ウォズ・ユー)
 7. Please Mister Postman (プリーズ・ミスター・ポストマン)
 8. Roll Over Beethoven (ロール・オーバー・ベートーヴェン)
 9. Hold Me Tight (ホールド・ミー・タイト)
10. You Really Got A Hold On Me (ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー)
11. I Wanna Be Your Man (アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン)
12. Devil In Her Heart (デヴィル・イン・ハー・ハート)
13. Not A Second Time (ナット・ア・セカンド・タイム)
14. Money (マネー)


ポスター検索


ビートルズ書籍検索


グッズ検索


ビートルズ楽譜検索