Ask Me Why (アスク・ミー・ホワイ)【ビートルズ歌詞・対訳・動画・試聴】

sankaku-001-g.gif作詞・作曲      ジョン・レノン&ポール・マッカートニー
sankaku-001-g.gifリード・ヴォーカル  ジョン・レノン

sankaku-001-g.gifEMIスタジオでのオーディションのために急遽書き上げた曲。隠れた名曲ともいわれニューヨーク・フィルの指揮者、レナード・バーンスタインも絶賛した。

sankaku-001-g.gif歌詞・対訳はコチラ

sankaku-001-g.gif対訳はコチラがおすすめ  ビートルズ全詩集


マッカートニー=レノン(デビュー当時のクレジット順は「レノン=マッカートニー」ではなかった)の作品。主にレノンの作った楽曲である。リードヴォーカルはジョン・レノン。

ジョン・レノンが当時好きなアーティストのひとつだった、アメリカの男性コーラスグループ、スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズの曲作りを基に、自己流の作曲技法を試行錯誤しながら作った楽曲といわれている。

ビートルズとしてデビューする前から、グループのオリジナル曲として歌われていた。

公式テイクの録音は『プリーズ・プリーズ・ミー』と同じく1962年11月26日に行われた。もっともこれより前の1962年6月6日、デビュー前にEMIで行ったオーディションの際に一度録音されていたが、この音源は現在失われている。

1962年のライヴでは頻繁に演奏されており、12月31日にハンブルクのスター・クラブでオーディエンス録音されたとおぼしきライヴ音源が、1977年以降さまざまな形で発売されている。



(▲詳細は画像からどうぞ)

1. I Saw Her Standing There (アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア )
2. Misery (ミズリー)
3. Anna (Go to Him) (アンナ)
4. Chains (チェインズ)
5. Boys (ボーイズ)
6. Ask Me Why (アスク・ミー・ホワイ)
7. Please Please Me (プリーズ・プリーズ・ミー)
8. Love Me Do (ラヴ・ミー・ドゥ)
9. P.S. I Love You ( P.S.アイ・ラヴ・ユー)
10. Baby It's You ( ベイビー・イッツ・ユー)
11. Do You Want to Know a Secret ) ( ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット)
12. Taste of Honey (密の味)
13. There's a Place (ゼアズ・ア・プレイス)
14. Twist and Shout  (ツイスト・アンド・シャウト )



ポスター検索


ビートルズ書籍検索


グッズ検索


ビートルズ楽譜検索