プリーズ・プリーズ・ミー 赤盤-The Red Album

Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ) 動画・和訳・解説

2016/07/07

記念すべきデビュー・シングル

1962年10月5日にシングル・リリースされたビートルズの記念すべきデビュー曲。ポールが主に手掛けた楽曲。ジョン自身が言う「ロックンロールなハーモニカ」から始まり、ほぼ全編ジョンとポールのツイン・ボーカルで歌われる。フレーズ最後の「LOVE ME DO」と歌う箇所はソロ・パートになっており、当初ジョンの役割だったがフレーズに重なる形でハーモニカのパートが追加されたため、ハーモニカを演奏するジョンではなく急遽ポールのソロとなった。ポールいわく「緊張で声が震えている」のだそう。

ポールが10代のときに書いた作品で彼らは"クオリーメン時代"から好んで演奏していた。ドラムスの演奏はイエスのアラン・ホワイトが起用されたためリンゴはパーカッションのみを担当。

なお、デビューシングルはA,B面ともリードボーカルがポールの作品である。ジョージ・マーティンはメンバーの中でポールがルックス、音楽性が高いと判断し、ポールを前面に押し出そうとしていたためといわれている。

「LOVE ME DO」チャート最高順位

17位 (イギリス - 1962年)
4位 (イギリス - 1982年)
1位 (アメリカ Billboard Hot 100 - 1964年)

発売は1962年10月5日。B面は「P.S.アイ・ラヴ・ユー」である。発売当初のイギリスのヒットチャートでの記録は最高17位(売上がリヴァプール近辺に集中したため、ブライアン・エプスタインが買い占めた旨の噂がたっていた。)。ビルボード(Billboard)誌では、1964年5月30日に、週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1964年年間ランキングでは第14位。「キャッシュボックス」誌でも、最高位第1位を獲得し、1964年度年間ランキングでは13位。アメリカでは100万枚以上のセールスを記録している。イギリスでは、デビュー20周年を記念して1982年に再発された時は最高位第4位となった。最終的にはトータルで30万枚以上のセールスを記録している。

「LOVE ME DO」収録アルバム

『プリーズ・プリーズ・ミー』
『ビートルズ!』
『イントロデューシング・ザ・ビートルズ』
『ジ・アーリー・ビートルズ』
『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』
『パスト・マスターズ Vol.1』
『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』
『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』
『ザ・ビートルズ1』

「LOVE ME DO」歌詞

「LOVE ME DO」和訳

愛して 愛しておくれ
知ってるだろ 僕は君を愛してるんだ
いつも君を想ってる
だから どうか僕を愛して
そうさ 愛しておくれ

誰かを愛したい
そう、新しい誰かを
誰かを愛したい
君みたいな娘を

愛して 愛しておくれ
知ってるだろ 僕は君を愛してるんだ
いつも君を想ってる
だから どうか愛して
愛しておくれ

Sponsored Links

Sponsored Links

-プリーズ・プリーズ・ミー, 赤盤-The Red Album
-