4人はアイドル(HELP) 赤盤-The Red Album

Help! ( ヘルプ) ビートルズ歌詞・対訳・youtube・解説

2016/07/16

テレビ東京『開運!なんでも鑑定団』のテーマソングとしてもお馴染み

「ヘルプ!」 ("Help!")は、1965年7月にイギリスのロックバンド、ビートルズが発表した10枚目のオリジナル・シングル曲。また映画『ヘルプ!4人はアイドル』のテーマ曲であり、イギリス盤公式オリジナル・アルバム『4人はアイドル』のタイトル曲にしてオープニング・ナンバーでもある。

レノン=マッカートニーの作品。ジョンのアイディアを元に、ポールと二人で完成させた。リード・ヴォーカルはジョン・レノンで、実質的にはジョンの作品である。軽快なサウンドと解りやすい失恋ソング風の歌詞とはうらはらに、ジョン自身の悲痛なメッセージ・ソングという一面も持っている。この曲が発表された当時ビートルズのメンバーは加熱する人気に自己を見失いかけていて、ジョンは後に「僕らは豚のように暴飲暴食し肥え太っていく己自身に失望していた。助けを求めて叫んでいたんだ」と語った。

ジョン・レノンはこの曲を1969年の「ゲット・バック・セッション」でも即興で演奏。翌1970年には自宅スタジオにて「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」などとともにブルージーなアレンジで再録音を試みている。1980年のインタヴューでも「これら2曲と「アイ・アム・ザ・ウォルラス」を再レコーディングして、リリースしたい。」と答えている。また、1981年に計画されていた来日公演の予定セットリストでは、オープニング・ナンバーとしてこの曲が予定されていた。

この曲は英米ともにチャートの1位を獲得している。ビルボード誌では、1965年9月4日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1965年年間ランキングでは第6位。『キャッシュボックス』誌では3週連続第1位を獲得し、年間ランキングは第11位だった。B面は「アイム・ダウン」。イギリスでは90万枚以上、アメリカでは100万枚以上のセールスを記録している。

1994年からテレビ東京『開運!なんでも鑑定団』のテーマソングとして現在も使われている。

スーパーマーケット『イトーヨーカドー』で食料品レジが混雑した時に、他の売り場のレジ担当店員を応援に呼ぶための店内符牒として、この楽曲のインストルメンタルが用いられる。

「Help!」チャート最高順位

  • 1位 (イギリス)
  • 1位 (アメリカ・Billboard Hot 100)
  • 2位(日本、ミュージック・マンスリー洋楽チャート、1965年当時)

「Help!」収録アルバム

『ヘルプ(四人はアイドル)』
『オールディーズ』
『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』
『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』
『レアリティーズ Vol.2』
『リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス』
『リール・ミュージック』
『20グレイテスト・ヒッツ』
『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』
『ザ・ビートルズ1』
『ラヴ』

 

「Help!」歌詞

 

 

「Help!」和訳

誰か 誰か助けて
いや誰でもいい
誰か僕の気持をわかってくれ
ヘルプ!

僕が若かったころ
今よりずっと若かったころは
誰にも頼らず自分ひとりでなにもかもこなしたさ
でも今じゃそんな日も遠く
自信がぐらついてきたのさ
それで 考えを変えて
心の扉を開いたんだ

手を貸してほしい
僕はもうダメになるばかり
そばにいてくれるだけで感謝するよ
立ちなおる手助けをしてほしい
どうかお願いだから 僕を助けて

移り変わりの激しい毎日に
僕は自分をなくしてしまいそう
ときどき ひどく不安になるのさ
僕には君が必要なんだ
今になって初めて気づいたんだ

手を貸してほしい
僕はもうダメになるばかり
そばにいてくれるだけで感謝するよ
立ちなおる手助けをしてほしい
どうかお願いだから 僕を助けて

僕が若かったころ
今よりずっと若かったころは
誰にも頼らず自分ひとりでなにもかもこなしたさ
でも今じゃそんな日も遠く
自信がぐらついてきたのさ
それで 考えを変えて
心の扉を開いたんだ

手を貸してほしい
僕はもうダメになるばかり
そばにいてくれるだけで感謝するよ
立ちなおる手助けをしてほしい
どうかお願いだから 僕を助けて

助けて 助けて

Sponsored Links

Sponsored Links

-4人はアイドル(HELP), 赤盤-The Red Album
-