パスト・マスターズ 赤盤-The Red Album

From Me To You(フロム・ミー・トゥ・ユー)歌詞・対訳・動画・解説

2016/07/07

ツアーを移動するバスの中で作った曲

「フロム・ミー・トゥ・ユー」("From Me To You")は、1963年4月にビートルズが発表した3枚目のオリジナル・シングル曲である。

レノン=マッカートニーの作品(ただしリリース時には (McCartney - Lennon)という並びでクレジットされていた。)。ヴォーカルはジョン・レノンとポール・マッカートニー。ハーモニカ(ステレオ・ミックスではイントロ部分のハーモニカはカットされている)はジョン。ライブではイントロ、アウトロのハモニカは省略、ジョージのギターのみ。この時代人気があった、女性シンガーヘレン・シャピロと一緒にまわったコンサートの終了間際にジョン・レノンとポール・マッカートニーによって作られた。曲としては、ラヴ・ソングというよりはファンに対する感謝の意味がある。サビの部分にG+5を使い初期のビートルズらしいしゃれた雰囲気を出している。

「ツアー移動中のバスの中で暇つぶしに書いた」とはジョンとポールの弁。ジョン曰く「あまりにブルース調過ぎるので最初は発表しないつもりだったが、ハーモニカを加えてビートルズらしくなったのでシングルで出すことにしたんだ」とのこと。

ポールは「ミドル(サビ)の部分でマイナー(Gm7)に変るんだけど、これは大きな進歩だと思った」と語っている。

『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』では「フロム・アス・トゥ・ユー」というタイトルで収録されている。ビートルズがレギュラーのラジオ番組、『フロム・アス・トゥ・ユー』のために書き下した。「フロム・ミー・トゥ・ユー」とはメロディーこそ同じだが、歌詞が異なり、「ミー」(me)の部分が「アス」(us)と、「アイ」(I)が「ウィ」(we)になっている。

1963年6月には、デル・シャノンがこの曲を取り上げ、ビルボード(Billboard)誌では第77位まで上昇し、これがジョンとポールのソングライターとしての初の全米TOP100へのランクインとなった。ただし、ビルボード誌1963年年間トップ100にはランキングできなかった。

 

 

「From Me To You」チャート最高順位

  • 1位 (イギリス)
  • 41位 (アメリカ)

「From Me To You」収録アルバム

「From Me To You」歌詞

「From Me To You」和訳

何か欲しいものがあったら
何か僕にできることがあったら
言ってくれればすぐに届けるよ
愛をこめて 僕から君へ

君の欲しものは全部ある
嘘偽りのない愛情もね
言ってくれればすぐに届けるよ
愛をこめて 僕から君へ

この腕で君を抱きしめ
君を片時も離したくない
僕の唇は君にキスして
満ち足りた気分にさせたがってる

何か欲しいものがあったら
何か僕にできることがあったら
言ってくれればすぐに届けるよ
愛をこめて 僕から君へ

言ってくれればすぐに届けるよ
愛をこめて 僕から君へ

この腕で君を抱きしめ
君を片時も離したくない
僕の唇は君にキスして
満ち足りた気分にさせたがってる

何か欲しいものがあったら
何か僕にできることがあったら
言ってくれればすぐに届けるよ
愛をこめて 僕から君へ

 

Sponsored Links

Sponsored Links

-パスト・マスターズ, 赤盤-The Red Album
-