マジカル・ミステリー・ツアー 青盤-The Blue Album

フール・オン・ザ・ヒル(The Fool On The Hill) ビートルズ名曲・歌詞・対訳・動画

地動説を唱えたガリレオ・ガリレイをモチーフにした曲

ポールが作った美しいスロー・バラード。歌詞は地動説を唱えて処刑されたガリレオ・ガリレイをモチーフにしている。「マハリシのような人物について」とも回想されている。

テレビ映画ではポールがバスの美しい風景に入り浸っているというシーンで使用されているが、このシーンはポールがフランスのニースまで出向いて撮影したというエピソードがある。
 

「The Fool On The Hill」収録アルバム

『マジカル・ミステリー・ツアー』
『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』
『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』
『ラヴ』※iTunes Store配信盤のみ

 

「The Fool On The Hill」歌詞

 

 

「The Fool On The Hill」和訳

来る日も来る日も
丘の上でひとり
薄笑いを浮かべた男はじっとして動かない
彼に近づこうとする者はない
ただの馬鹿だと思っているから
何を聞いても彼は答えようとしない
けれど 丘の上の馬鹿は陽が沈むのを眺めている
ぐるぐる廻る世界を心の目でちゃんと見ている

ときおり雲に頭を突っ込んで
千の声を持つ男がものすごい大声で喋っている
でも その言葉は誰にも聞こえない
出しているはずの声さえ人々の耳には届かない
彼のほうもそれに気づかないらしい
けれど 丘の上の馬鹿は陽が沈むのを眺めている
ぐるぐる廻る世界を心の目でちゃんと見ている

みんなが彼を敬遠しているようだ
大したことは出来ないと見透かしている
彼は決して感情を表に出さない
けれど 丘の上の馬鹿は陽が沈むのを眺めている
ぐるぐる廻る世界を心の目でちゃんと見ている

彼は決して人々の言葉に耳を貸さない
馬鹿なのは連中のほうだと知っているから
みんなが彼を敬遠する
けれど 丘の上の馬鹿は陽が沈むのを眺めている
ぐるぐる廻る世界を心の目でちゃんと見ている

Sponsored Links

Sponsored Links

-マジカル・ミステリー・ツアー, 青盤-The Blue Album
-